【品種紹介】南アフリカの代表ピノタージュ

こんばんは!ひと休み(@hitoyasumi01)です!

今日は久しぶりにブドウ品種の紹介をしたいと思います。

南アフリカの代表品種のピノタージュです!

私がワインを飲み始めてから早いうちに好きになった品種です。

ピノタージュは南アフリカの品種

ピノタージュはピノ・ノワールとサンソーを交配させて作られた品種です。

1925年にアブラハム・ペロードという科学者が交配に成功させ、南アフリカ固有の品種として位置付けました。

特徴

ダークチェリーやブラックベリーのような黒系果実の香りが特徴です。

中にはコーヒーのような香りが印象的なワインにつくられることもあり、とても面白い品種です。

オススメのワイン

私がピノタージュが好きになったきっかけのワインを紹介したいと思います。

非常にコーヒーのようなニュアンスがあり、濃厚で官能的な味わいのワインです。

ピノタージュはついつい買いたくなってしまう品種です。

どの品種でも当てはまることかもしれませんが、特にピノタージュに関しては毎回違った味わいが楽しめます。

まとめ

今回はピノタージュという南アフリカの品種を紹介しました。

大きめの酒屋に行けば、購入できると思いますが、なかなか見当たらない時は先ほど紹介したヴァンジールを購入されるとピノタージュの美味しさを体感できると思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひと休み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA