オーストラリアのシラーズ「グレッツァー・ビショップ2016」がオススメ!

こんばんは!ひと休み(@hitoyasumi01)です!

今日は心底オススメするワインをご紹介します。

デイリーワインとしては「格」が違うワインです。

オーストラリアのシラーズ100%の赤ワイン。

天才醸造家グレッツァーが造る『グレッツァー・ビショップ2016』です。

このワインはマジでオススメです。

値段は3,600円です。

 

グレッツァー・ビショップ2016

オーストラリアの天才醸造家として知られているベン・グレッツァー。

彼が作る代表的なワインは『神の雫』でも登場した「アモンラ」です。

ワイン評論家のロバート・パーカーJrが92点の評価をしています。

数々のコンクールで金賞を受賞

オーストラリアで権威のあるワインコンクール「シドニー・インターナショナル・ワイン・コンペティション 2011」で、最高金賞となるブルー・ゴールド&アワードウィナーを獲得しています。

ワイン界最高の資格であるマスターオブワイン(世界に300人しかいない)のメンバーがコンクールの審査員をし、数千のワインから最高の1本として選び抜かれたのが、ビショップなのです。

 

また、2016年のビショップはバロッサ・ヴァレー(南オーストラリア)最高のワインを決めるバロッサ・ワイン・ショーではなんとトップ・ゴールドに輝いています。

ビショップ

樹齢は35年~120年の古樹から収穫された葡萄のみを厳選。

バロッサ最高級区画のエベニーザー産の葡萄を使用し、ほとんどの葡萄が樹齢80年以上のバロッサでも最古の区画で、最も質の良い葡萄が収穫しています。

収穫後はすぐ発酵。フレンチオーク90%、アメリカンオーク10%の割合で14ヶ月の熟成を行います。

全行程が全て手作業で行われるそうです。

ビショップおそるべし。

飲んでみた感想

外見

非常に色合いです。

2016年ですが、粘性もしっかりしています。

 

香り

おお・・・!これはスッゲェ・・・。

今まで感じてきた「スパイシー」な香りとは格が違う「スパイシー」な香りですよ。

樽香もヴァニラやチョコレートを思わせるようながっつりした香りです。

これも

どことなく本能をくすぐるような官能的な印象も受けます。

いつまでも香りをとっていたくなるような深い香り。

味わい

アタックは穏やかですが、どんどん押し寄せる波のように口いっぱいにオーク樽の香りが広がってきます。酸味と甘味のバランスはGOOD!果実味がしっかりしており、ブドウの旨味が凝縮されているかのようです。

タンニンも意識するとしっかりしています。フルボディなのは間違いありませんが、それ以上にバランスがよく、飲んでいてとても気持ちが良いワインです。

余韻も長くいつまでも楽しめる。

良い意味での脱力感を覚えます。自然の中のやまびこのようです。

神の雫的表現

悠々たる華厳の滝のようなワイン

落ち着きがあり、然としている佇まい。近づくと生き物のようにパワフルで魅了させる。

香りから只者じゃない感じを受けましたが、飲んでみるとその本質を知る感じです。

アタックは思いのほか穏やかですが、波のようにぶつかってくる美味しさは華厳の滝を初めて見た感動に似ています笑

ひと休みポイント

3,600円のワインに対して

基準点  50/50
味わい  20/20
香り   14/15
全体の質  9/10
外観    3/5

合計   96/100

私などが点数をつけることが申し訳ないと思います笑

とっても満足いく味わいです。

まとめ

いかがでしたか。

いつも美味しいワインを飲んでいますが、今回は美味しさのスケールが違いました。

ぜひ、興味ある方は飲んでみてください!

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

ひと休み

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA