小田原の梅ワイン!風味豊かで飲みやすい

こんばんは。ひと休みです。

前回、小田原の「レモンワイン」をご紹介しましたが、今回は同じ小田原の梅を使用した「梅ワイン」を飲んでみました。

これもレモンワインに引き続き美味しいです!

もちろん、通常のシャルドネ、ソーヴィニヨンブランなどの白ワインとは全く違いますが、梅ワインめちゃくちゃ美味しいです。

梅の産地「小田原」の高品質な十郎梅を使用

小田原市は神奈川県の西部に位置している比較的温暖な地域です。
海の幸、山の幸ともに豊かな街で戦国時代は北条氏がその土地を治めていたことで知られています。

そんな資源豊かな小田原の特産物の一つが梅です。

その梅の産地小田原の中でも希少価値の高い「十郎梅」を使用しています。
実が大きく、種が小さい梅です。
また、皮が薄いため栽培や加工には手間がかかります。
したがって輸送が困難で、全国にはあまり流通していない梅が「十郎梅」です。

食前酒にぴったり

梅の優しい香りがふわっと広がります。
梅の香りは心地よい本当に心地よいです。

小学校の通学路にも梅の樹が植わって、落ちている実を食べたくて食べたくて仕方なかった・・・。
親から「青梅は毒だから生で食べちゃダメ!」と言われてきたので、食べられずに歯がゆい気持ちで過ごしていたのを思い出します。笑

そんな懐かしい香りの梅ワイン。

口に含むと期待を裏切らない甘味が口の中を彩ります。

スッキリした甘味とほのかな酸味、そしてニュアンス程度の微発泡が心地よいです。

どんどん飲みたくなるような味わいです。

食前酒にぴったりな果実酒だと思います。

お酒が苦手な人も安心して楽しめる

優しい果実酒なので、お酒が苦手な人でも十分楽しめるお酒になっています。
アルコール度数は10度ですので、通常のワインよりはかなり低めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小田原 梅わいん 720ml
価格:1404円(税込、送料別) (2019/1/3時点)

個人的には前回のレモンワインより、梅ワインの方が好きです。

冒頭でもお伝えしましたが、シャルドネやソーヴィニヨンブランなどの白ワインとは全く違うお酒だということに注意してください。

純粋に美味しいのでぜひ購入をご検討ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひと休み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA