スペインワインは安くて美味しいものが多い!

­こんばんは。ひと休みです。

今日が仕事納め!という方が多いのでは無いでしょうか。
私もその一人でした。1年間お疲れ様でした!

頑張ったお祝いに、美味しいワインでも飲みましょう!

「よーし!美味しいワインを買うぞ!」と酒屋に行ったものの、何が美味しいか分からない・・・・。お店の人に相談しようにも、どう伝えていいか分からず、もやもやした結果、テキトーに「ジャケ買い」して失敗してしまった。なんて経験ありませんか?

「ワインと言えばフランスでしょ!」と2,000円〜3,000円のワインをよく分からず買ってみたけど、「不味くはないが美味しくもない」と感じたことありませんか?笑

今日はワインがよく分からなくても、買って後悔しない国「スペイン」のワインについてお伝えしたいと思います。

※私の個人的な好みです。すべての方に当てはまるわけではありませんので、ご留意下さい。

買って後悔しないスペインのワイン

まず、私が飲んできたワインの中で、1,000円から2,000円の範囲で美味しいなと感じる産地は「アメリカ」「アルゼンチン」そして「スペイン」です。

特に「スペイン」は果実味もしっかりしていますが、奥行きのある深い味わいのワインが多いです。

1,000円から2,000円のワインだと、なかなか複雑味や奥深い味わいは現れませんが、スペインのワインはしっかりと表現されている印象を受けます。

スペインは熟成させてから市場に送り出す

スペインは「飲み頃になってから売る」というスタイルです。

スーパーで他国とのヴィンテージを比べてみて下さい。スペインは他の国に比べて数年古いワインが多いと思います。

このように熟成を経たワインが多いため、味わいに深みがあるように感じるのかもしれませんね。

主要品種はテンプラリーニョとガルナッチャ

スペインの代表品種は何と言っても「テンプラリーニョ」です。

「天ぷら」みたいですね笑
印象に残りやすいと思います。

味わいは、力強いアタック感とまろやかな酸味と渋みが特徴的な品種です。

ガルナッチャはグルナッシュという品種と同じです。スペインだと呼び方が変わります。

ガルナッチャはスパイシーかつ濃厚でまろやかな味わいが特徴的です。

両者ともに分かりやすい味わいなので、日本人の舌に非常に合うでしょう。

最近感動したスペインのワイン

先日、飲んだワインが非常に美味しかったので、テンプラリーニョとガルナッチャから1本ずつ紹介したいと思います。

テンプラリーニョ

リベラ・デル・デュエロという地区のワインで、テンプラリーニョ100%のティント・フィゲロというワインです。

このワインめちゃくちゃ美味しかったなぁ・・・!

なんでも、6日目にしてちょうど飲み頃になったみたいで、思わず「うまっ!」って声に出してしまいました。

「初めてワインを飲む」って方に安心して楽しんでもらえるワインだと思います。

ガルナッチャ

こちらはエヴォディアというワインです。

エヴォディアはとても1,000円とは思えないような秀れた味わいです。濃くてまろやかな味わい。まさにガルナッチャの特徴を凝縮したようなワインです。

とりあえず、スペインワインってどんなもんだろ!って思った方はエヴォディアを飲んでスペインワインの魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

ひと休み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA