シャンパーニュを学ぶ その2

こんばんは。ひと休みです。

シャンパーニュを学ぶ その2 ということで、シャンパーニュの造り方について学ぼうと思います。

醸造方法

①ベースとなるワインを造る

これは通常のワインの作り方と同じです。ベースワインとして品種別、畑別に分けられて造られます。過去のものはリザーブワイン(※)という位置付けになります。

※リザーブワインはシャンパーニュを造る時に必要

②アッサンブラージュ(ブレンド)

それぞれのベースワインやリザーブワインをブレンドさせます。このブレンドをアッサンブラージュと言います。多様な要素を組み合わせてバランスをとり、調和のとれたワインを造り上げていくのです。出来たものをキュヴェと呼びます。

各メゾンが独自の味わいを組み立てていくのです。

③瓶詰め(ティラージュ)

酵母と糖分を混ぜたものを加えて瓶詰めします。

④瓶内二時発酵

添加された糖分を酵母が食べることで、二次発酵(アルコールと炭酸ガスに変化)します。密封されることで炭酸ガスが溶け込みます。

⑤熟成

二次発酵後は酵母の死骸である澱と一緒に最低15ヶ月熟成させます。

⑥動瓶(ルミュアージュ)

瓶内の澱を取り除くため、毎日瓶を回転させながら徐々にボトルを立てていき、澱を瓶口へ集めます。

⑦澱抜き(デゴルジュマン)

瓶口を冷却した塩化カルシウムにつけて凍らせると、ガス圧で澱がポン!と抜けるのです。

⑧補酒(ドザージュ)

澱抜きで目減りした分、糖分とリキュールで補う。このリキュールの糖度で味のタイプが決まるのです。

⑨打栓

コルクを再度、栓をして完了。

 

いかがでしたか。とても時間をかけてシャンパーニュを造っていることがわかるかと思います。

 

シャンパーニュのスタイル

シャンパーニュのスタイルをそれぞれ書き出しました。

【収穫年数の違い】

ノン・ヴィンテージ

シャンパーニュの基本。複数年の原酒がブレンドされるので収穫年の記載がないものです。

ミレジメ

ブドウの収穫年が記載されているもの。

【品種による違い】

ブラン・ド・ブラン

白ブドウのみから造るシャンパーニュ。

ブラン・ド・ノワール

黒ブドウからつくるシャンパーニュ。

【ランクの違い】

スタンダード

その名の通り基本系です。

プレスティージュ

極上のベースワインのみを使う高級なシャンパーニュなどがこれ!

 

なかなか全てを把握することは難しいと思います。しかし、今後美味しいシャンパンを飲みたいと思ったとき、「知っている」のと「知らない」のではシャンパンの選び方にも違いが生じるでしょう。

ぜひシャンパンの知識として、その一助になれれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひと休み

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA